クラニオ ジャパンより提供される基礎トレーニングは、ICSBのカリキュラムに準拠します。
ICSB, International Institute for Craniosacral Balancing®


■ 資格認定 ■

●卒業と資格取得のための前提条件

  • コース カリキュラムの完了
  • 力量、技術の評価
  • 論文形式のプロジェクトの提出と発表
  • すべての試験に合格すること

前提条件をすべて完了した後、クラニオセイクラル プラクティショナーの資格認定が交付されます。

プログラム終了時点で、自習と練習がすべて完了しているように、その実行をサポートします。受講者は、プラクティショナーの資格認定を得ないことを選択することもできます。しかし、カリキュラムを履修していく能力を身に付けるために、セミナーとセミナーの間に練習と自習を行なうのは、プログラムの一部であることは変わりません。

 

●資格認定のオプション

クラニオ ジャパンの主催するトレーニング卒業生は、基礎セミナー中にゲスト講師として招聘されるICSBシニア ティーチャーからの講義を受けることによって、ICSB(the International institute for Craniosacral Balanceing®)に会員として加入申請を行なうことができます。また、クラニオセイクラル バランシング(Craniosacral Balanceing®)の名称とロゴを使用することができます。認定されたプラクティショナーは、年会費を払うことで、ICSB国際プラクティショナー名簿に名前が記載されます。

同時に、ICSB認定プラクティショナーは、BCST(Biodynamnic Craniosacral Therapist)の称号を使用することができます。これは、ICSBがバイオダイナミック トレーニング国際提携(IABT *)に加盟していることによるものです。

BCSTは、IABT(International Affiliation of Biodynamic Trainings)のメンバーシップの一部としてICSBから認可されるもので、更新の必要はありません。一度取得すると、この資格は無期限です。


(*) IABT, International Affiliation of Biodynamic Trainings
IABTは、2006年にクラニオセイクラル バイオダイナミクス アプローチを教える学校の仕事をサポート、開発するために設立されました。 IABTは、クラニオセイクラル バイオダイナミクス セラピーの教育と訓練のデザインと実施における、品質や革新、責任を推進します。