■バードレイナ C ジェミン

バードレイナ C チュミ ジェミンは教師であると同時に教育者です。彼女はスイスとアメリカで教育を受けた後、さまざまなヒューマニスティック サイコロジー(ゲシュタルト、TZI、ロージャー、NLP、フォーカシング、誕生前および誕生時の心理学、発達心理学など)について学びました。その後、ビッグ サーにあるエサレン インスティチュートで、ゲシュタルト心理学とボディーワークの訓練(主にエサレン マッサージとトレガー アプローチ)を2年間受けました。

1980年代にアプレジャー インスティチュートでクラニオセイクラル セラピーのトレーニングを受け、以後それが彼女の中心的なセラピー アプローチになりました。

1989年にICSB®を設立。セラピーとヒーリング アートの分野での25年に及ぶ経験の中で、彼女のクラニオセイクラル セラピーへのアプローチは、さまざまな発展段階をたどり、現在のユニークで包括的なトレーニング プログラムを生み出しました。

彼女はその後も情熱的に新しい分野を探求し続け、90年代の末にはフランクリン シルズにクラニオセイクラル バイオダイナミクスを、ピーター レビンからソマティック エクスペリエンシング(体性感覚を通したトラウマの解消)を学びました。また、エッセンスに働きかけるダイアモンド ロゴス ワークは、ファイサル マクダムのもとで12年以上学んでいて、現在は、ダイアモンド ロゴス ワークの教師もしています。

バードレイナは、赤ちゃんに働きかけることと、赤ちゃんの持っている自浄作用に、特に興味を持っています。クラニオセイクラル ワークの非常に素晴らしい事実のひとつは、人生の始まりで出産前と誕生時に加わるゆがみをクラニオ セイクラル プラクティショナーが解消することができることです。

その背景には、彼女がリチャード マクドナルド博士のもとで出産前、出産期、出産後のケアーについて探求を始めましたが、博士について彼独自のネオ ネイト プラクティス(新出産法)を実践するまでになりました。それ以来、妊婦と赤ちゃんが経験することがらについての研究は非常な発展を見せていますが、特にウィリアム エマーソンとレイ カステリーノの新しいビジョンが大きなサポートをあたえてくれていると感じています。

現在彼女が教えているクラニオセイクラル セラピーのバイオダイナミクス アプローチである、ICSB ®のプロフェッショナル トレーニングでは、トラウマ解消法、出産前、出産時の力学、エッセンス ワークがすべて統合されています。彼女はクラニオセイクラル バランシング® をヨーロッパ各国、日本、カナダ、インドで教えており、これまでに数千人のプラクティショナーを養成し、彼女がトレーニングした講師は世界中で活躍しています。


■カヴィ ジェミン

1984年にイタリアのフィレンツェの[d' Arte]協会より、マスター オブ アートの称号を授与され、アート ティーチャー、デザイナーとして活躍。

1988年より、身体と心、気づきを通して人々に働きかけ、現在クラニオセイクラル バランシングとマッサージをボディーワークのセミナーにおいて教えています。

さらにセラピストとしては、NLP/ヒプノシス、インナーチャイルドワーク、コーディペンデンシー、またピーター ラビーンのソマティック アプローチ、ファイサル ムカダムよりダイヤモンド ロゴス アプローチを学ぶ。

彼は、子どもとティーンエージャーのためのグループもリードしています。